「結婚して良かったと思う瞬間」を徹底調査

人によって様々なメリットを感じています

世の中には結婚をしたことを後悔し、最悪のケースとして別れの道を選ぶ夫婦も存在していますが、やっぱり結婚をして良かったと思う瞬間を感じている方が多いのも事実です。
人それぞれ結婚して良かったと思う瞬間は異なるものですが、ここではその一例をご紹介します。

心が安らぐ

結婚していて良かったと思えるのは、一緒に過ごしていて心が安らぐ時と言う方がとても多いです。
いざという時に頼りになる存在なので、一生この人と添い遂げたいと改めて思うという方もいますし、一人暮らしをしていた頃は夜になると寂しくなる時もあったけど、夫婦で暮らせるようになってから寂しいと感じることは一度も無くなったという意見もあります。
何か困ったことがあった時には一番身近な存在として相談に乗ってくれることが何よりも心強い存在に感じるという方もいます。

独身を意識しなくなった

結婚をする前は独身という立場が嫌でたまらなかったけど、自分が結婚をしたことでその心配も無くなったのでストレスフリーになったという意見があります。
結婚適齢期を迎えた頃の女性は、周囲の友達が結婚し出すと焦りを感じるもので周囲の人から「まだ結婚しないの?」と聞かれる度に心の中で悔しい思いをしていたはずです。
知り合いの結婚式に出席するたびに必死になってブーケトスを受け取ろうとしていた頃の自分が懐かしく感じるという人もいるほど、結婚に対する強い願望を抱いていた人は結婚していて良かったと感じるものです。

経済的な安定

結婚をしたことで夫婦共働きをしている家庭は収入が安定するため、経済的な面でかなり楽になったと感じるものです。
今までは欲しいものがあっても我慢ばかりしていたけど、夫の収入と合わせるとかなり余裕が生まれたので比較的お買い物を楽しみやすくなったという意見もあります。
また、今までは賃貸物件で暮らしていた方が、独身時代に貯めていたお金を夫婦で出し合ってマイホームを購入できたことも大きなメリットに感じたという意見もあります。

子どもができた

最近は授かり婚も多いですが、結婚後に子どもができて家族が増えたという方も多いです。
いずれにしても可愛い子どもを授かることができた喜びはこの上ないもので、子育てが大変だと感じることがあっても幸せだと実感する時の方がずっと多くて結婚をして良かったと感じるものです。
夫婦だけでは一緒に行くことが少し恥ずかしかったテーマパークも子どもと一緒なら思い切り楽しめて、幸せな家庭を築けて良かったなという思いをひしひしと感じる方もいます。
子どもが生まれたことで夫の両親とも行き来しやすくなり、子どもがいなかった頃よりも密接な関係が築けるようになったという意見もあります。