お姑さんと仲良くする秘訣教えます!

他人同士でもわかりあえる日がやって来る!

夫との関係はうまくいっていても、問題になるのがお姑さんとの関係です。
昔から嫁と姑の関係を上手く築き上げるのは難しいものですが、実際のところは仲良くやっている事例も多いですし、本当に仲が悪くて最悪の場合は嫁姑問題が原因で夫婦が離婚に至る場合もあるのです。
せっかくご縁があって結婚をした夫の母親であるお姑さんなのですから、できるだけ仲の良い関係を築けるようにしたいものです。
今回はお姑さんと仲良くする秘訣についてご紹介します。

日頃の心がけが大事

お姑さんと仲良くしようという心がけがなければ、実際のところは上手くやっていけません。
お互いに歩み寄るつもりで接しながら少しずつ距離を縮めていくのが最も良い方法だと考えることができます。

例えばお姑さんのお誕生日や母の日にはプレゼントを渡してお姑さんの存在を大事に思っていることをアピールしてください。
誕生日や母の日という大事なイベントでプレゼントをもらって嬉しいと思わない人はいません。
たとえ遠くで暮らしている場合でもこれらのイベント時には必ず贈り物を用意しておきましょう。

ここで問題になるのがどのような品物を贈ったら良いのかという点です。
仮に洋服を渡したいという場合には好みもありますし、サイズの選び方も難しいものです。
事前にどのようなものが好きなのか、何か欲しがっているものはないかなどを確認しておくと良いでしょう。

近くに住んでいるのであれば定期的に顔を出して良い関係を築けるようにしたいものですが、遠方で暮らしている場合にはなかなかそうもできません。
なかなか会えないからといって何も連絡をしないままでは疎遠になってしまい仲良くなるきっかけすら掴めないので、せめて定期的に連絡を入れておくと良いでしょう。
何か用事がなければ連絡をすることもないと考えるのではなく、元気ですか?と近況を聞いてみたりこちらから近況を伝えるだけでも良いです。

直接話をするのが苦手という場合にはメールでやり取りをしても良いですし、手紙を書いても良いでしょう。
何らかの手段できちんと連絡を取り合っていると、良い印象を与えることができます。

夫の悪口はNG

どんなにお姑さんと仲良くなったとしても、夫の悪口を本気で言ってはいけません。
本気ではなく冗談のつもりで夫のことをネタにしたような話をしても、お姑さんにとっては冗談には聞こえず「私の息子のことを何だと思っているの!」と本気になって怒ってしまうこともあります。
あなたにとって夫である前に、お姑さんにとっては可愛い子どもであるのを覚えておきましょう。
何歳になったとしても自分の子どもは可愛い存在なので、絶対に悪口だけは言わないようにしてください。