ビューラーのやり方を間違えるとまつげダメージの原因に!

目元は刺激に弱い場所です

目の周辺はちょっとした刺激にも弱いため、メイクの際には十分注意して行なうようにしなければいけません。
アイメイクの中でも特に注意したいのはビューラーを使用する場合です。
可愛いまつげを作るためには欠かせないメイクグッズですが、ビューラーのやり方を間違えるとまつげへダメージを与える原因になります。
失敗せずに正しくビューラーを使うコツをご紹介します。

間違った使い方

くるんとキレイにカールした可愛いまつげにするためにビューラーを使う際には力を入れ過ぎないことが大切です。
キレイにカールが入るように力を込めてクセ付けようとする方もいますが、これがまつげにダメージを与えてしまう大きな原因になります。

まつげの毛根部分は皮膚の浅い場所に存在しているため、ただでさえちょっとした刺激を受けることで抜けやすくなる特徴があります。
力を込めて挟むだけで簡単に切れてしまったり、最悪の場合は抜け落ちてしまう原因にもなります。
せっかくキレイに生え揃っていたまつげが、ビューラーの間違った使い方を行っていたばかりに次第に少なくなってしまうこともあるのです。

元々まつげは髪の毛などと同じように定期的に生え変わっているものですが、ある意味強制的に力を込めてしまうことが自分のまつげを無くす結果に繋がるのです。
時には生え変わるはずのまつげが生えてこなくなることもあるので、くれぐれもビューラーの力加減には注意が必要です。

正しいビューラーの使い方

正しくビューラーを使うためには力を入れ過ぎないのがポイントになります。
まつげ全体をまとめてカールしようとするのではなく、根本と真ん中と先端の3ヶ所に分けるようにしてカールさせるのがコツです。
少しずつ挟むようにすると自然に力をセーブできます。

ちなみに、一回だけでビューラーを使おうとすると、あまり上手にカールできないため何回もやり直しをする原因になります。
結果的に切れたり抜けたりする原因にもなるので、少しずつ挟むコツを覚えておきましょう。

意外と見落としがちなことですが、ビューラーのお手入れもしっかり行なうことも忘れないで下さい。
まつげを挟むビューラーのゴムが付いている部分は消耗品だと考えて、劣化が激しい場合には新しいビューラーを使用してください。
できるだけ寿命を持たせるためにはビューラーに付いた汚れをしっかり落とし、衛生面にも配慮することが大切です。

もう一点、自分の目の形に最適なビューラーのサイズを選ぶようにしてください。
ビューラーの種類は色々ありますが、本当に自分の目に合ったビューラーを探すのは難しいかもしれません。
美容部員さんなどに相談をしながら自分の目に最適なビューラーを選んで使用しましょう。