夫婦喧嘩の原因ランキング大発表

どの夫婦にもトラブルはあるもの

表面上はとても仲の良さそうな夫婦に見えても、家では夫婦喧嘩が絶えないという場合も意外と多いものです。
一生仲良く添い遂げると誓い合って結婚した夫婦なのですから、できるだけ喧嘩をしないで暮らすのが理想的ですが、何かとトラブルの種が存在しているものです。
今回は夫婦喧嘩の原因として多いものをランキングにして発表します。

参考:【最新版】夫婦喧嘩の原因ランキング

5位 お金に関すること

夫婦喧嘩の原因になるのはお金に関することで、給料やお小遣い、生活費などの問題が原因になっているようです。
よくあるのは自分が稼いできたお金なのにほとんどを生活費に取られてしまい、お小遣いがほとんどないと不満を抱く夫の声をきっかけにして夫婦喧嘩に発展する事例です。
夫としては仕事の付き合いもあるし、仕事先で食事をしなければならないこともあるのでもう少し自由に使えるお小遣いを欲しいという気持ちがありますし、妻としては給料が少ないから生活費が全然足りないのでお小遣いを削るしか無いという言い分があります。
お互いにしっかり話し合い、納得できなければこの問題はなかなか解決しないかもしれません。

4位 家事に協力してくれない

これは妻から夫に対する不満として多い問題です。
妻は仕事と家事と育児を全て担当し、夫は家事を全くやってくれないという場合に夫婦喧嘩になります。
夫が協力的で家事や育児も手伝ってくれるならこの問題は起こりませんので、きちんと話し合ってできる事を手伝ってもらいましょう。

3位 帰宅時間が遅い

たまにお付き合いで帰宅時間が遅くなるくらいなら我慢できても、これが毎晩のように続くとさすがに心配になります。
ひょっとしたら浮気でもしているのではないか?と疑われてもおかしくありません。
どうしても遅くなる場合にはきちんと連絡を入れるようにしておけば喧嘩にはなりにくい事です。

2位 掃除の仕方が甘い

妻としてはきちんと掃除をしているつもりなのに、夫は細かい部分まで気にして掃除が足りないと指摘すると喧嘩になる可能性が高くなります。
どうしても気になる部分があれば棘のある言い方で指摘しないように注意したり、自分が気付いた時に掃除をするなどの対応を心がけてください。

1位 言葉使いがキツイ

言葉使いが乱暴だとか、キツイ言い方をする人がパートナーの場合、その話し方は何?とカチンときて喧嘩になる場合が多いです。
ほんの些細な事がきっかけでも、物言いがあまりにもひどくて切れてしまう人もいます。
お互いに思いやる気持ちがあれば酷い言い方にはならないと考えられますので、それぞれが思っていることをすぐ口に出さないようにして、一旦冷静になってから言葉を発するように気をつけて夫婦間のトラブルを発展させないようにしてください。