毎日の献立に迷った時に役立つ”献立アイデア”

毎日何を作るか困っている人は必見!

主婦は毎日のように食事を用意し、家族のために健康的で美味しい献立を考えなければいけません。
毎日の献立に迷った時に役立つ献立アイデアをいくつかご紹介しますので、あなたも今日から献立作りに悩んだ時にはぜひ参考にしてください。

プロのレシピをそのまま活用

料理番組やレシピサイトなどを確認していると、料理のプロが考案した様々な献立が紹介されています。
その中から家族が喜びそうなもの、栄養バランスがとれているもの、今自宅にある材料で作れそうなものなど様々な条件から最適なものを選び、そのまま活用して今日の献立に決めるという方法があります。
星の数ほど存在している膨大な献立メニューから探すのは難しいかもしれませんが、例えばインターネット上のレシピサイトから献立を探す場合には、使いたい材料を検索対象にしてみると簡単におすすめレシピがわかるようになっています。
家族に美味しいと好評だった献立はしっかりレシピを覚えておき、次回にも活用していくと、次第に料理のレパートリーが増えていきます。

古い食材からフル活用

冷蔵庫の中身をもう一度確認し、賞味期限が今日に迫っているという食材や、もうそろそろ傷んできそうな食材を見つけてその材料を使って手早くできる献立を考案するのもおすすめです。
最初はこの組み合わせでも大丈夫なのか?と思えるような突拍子もない組み合わせでも思っていた以上に美味しくできたという場合もあります。
意外な組み合わせが生まれることも面白い点なので、在庫処分を兼ねて実践してください。

家族で協力する

一人で食事の用意をしなければいけないのは大変なので、たまには家族で協力しながら作れる献立を考えてみるのもおすすめです。
例えば餃子を作るなら皮に中身を包む役目はママと子どもたちが行い、ホットプレートで焼き係に徹するのはパパの役目にすると、お互いに食事の支度をやったという充実感が溢れてやる気が湧いてきます。
その日の献立も簡単に決まりますので、休日で家族揃った時にお試しください。

ネタ切れ料理の定番を作る

今まで色々なレパートリーを試してみたけど、やはり自分の定番料理を作るのが一番簡単な方法だったと実感する方もいます。
そこで色々考えても献立が思い浮かばなかったという時に備えて自分が得意としている定番料理を作るのも良いでしょう。
献立のアイデアが思いつかないため困った時にはカレーやチャーハン、シチューなど簡単だけど間違いなく美味しい!と太鼓判を押されるような定番料理を作ると喜んでもらえます。
ひょっとしたら家族もいつものように凝った献立ではなく、我が家の定番になっているおふくろの味を作って欲しいと考えているかもしれません。